大事な試合の局面で、どうしても一点取りたい時には、スクイズを行うこともありますよね。 スクイズは、ノーアウト、もしくは、1アウトである場合に行われるものですが、失敗してしまうと走者がアウトになってしまうだけでなく、ダブルプレーということにもなりかねません。 スクイズのポイントとしては、とにかくフライをあげないということが重要です。 もちろん、どんなことをしても、ボールにバットを当てて、前に転がす必要があります。 できれば、守備の間を抜けるように、または、ライン上を転がるように、上手にバントしましょう。 打球を三塁手の守備範囲に転がすと、成功率が高くなるといわれています。 それに、右打者なら三塁手が走り出すのがキャッチャーに気づかれにくくなるので、より成功しやすいかもしれません。 スクイズを成功させるには、相手に警戒させないことが肝心です。 そのためには、スクイズすることを気取られないように普通に構えて、ピッチャーの手からボールが離れる寸前に、バントの構えにすばやく切り替えます。 三塁走者も同じタイミングで、ホームに向かって走り出しましょう。 スクイズを成功させるためにも、普段からバントの練習をしっかりと行っておいてください。